9月になりましたが、まだまだ残暑が続いております。
当窯では夏場の太陽の恵みを利用して毎年 陶土や釉薬に使う灰など、原料作りの地道な作業を行って
おりました。近日中には稲刈り後の藁を焼成し藁灰を作る作業も待ち構えております。
それから10月後半には登り窯の窯焚きも計画しております。
恒例の上野焼組合による秋の窯開き(10月13日~15日)に間に合えば良いのですが?